(題字 カゲキ・B・志茂田)

S'ee Through


あなたと握った「てのひら」は
いつの間にか大洪水
分かっているのに引いてくれない
インケンイジワル「汗さん」

昨日の夜から決めていた
今日あなたと「Kiss」しようと
ドキドキしながらやってきた
ユ〜エ〜ンチ〜

生まれる前から「決まってたのかな?」
今日今ココに来るなんてこと
あたしの横でひときわ目立ってる
「カトちゃん」みたいなあたしの彼・・・・・・「アレ?」

春のこもれ日があったか〜い
なんて気持ちいいデート日和なの
雲の切れ目から天使たちにいう
ア〜リ〜ガ〜ト〜ネ〜

「愛してる」っていわれたい 大好きなのあなたの事
S’ee Throughで覗きたいの あなたの心の中・・・「だけど・・・」
「大嫌い」は聞きたくない 信じていたいあなたの事
つないでいるその手だけは ウソつかないでしょ?

いつの間にか出来上がっている
恋の噂なんかより
楽しく・うれしく・ときめいている
あたしのハートが心配

朝早く起きて作ったベントー
おにぎりの中は彼の好きなチョコ
チョコ入りおにぎりを彼が
タ〜ベ〜テ〜イ〜ル〜

「おいしい」っていわれたい 信じているあなたの事
今日のために買った服で あなたにつり合うあたしがいる
「かわいい」っていわれたい
お約束のかんらんしゃ
ドキドキしているあたしを見て 彼がくちびるをうばった

「愛してる」っていわれたい 大好きなのあなたの事
S’ee Throughで覗きたいの あなたの心の中・・・「だけど・・・」
「大嫌い」は聞きたくない 信じていたいあなたの事
つないでいるその手だけは ウソつかないでしょ?

「愛してる」っていわれたい 大好きなのあなたの事
S’ee Throughで覗きたいの あなたの心の中・・・「だけど・・・」
「かわいい」っていわれたい
お約束のかんらんしゃ
ドキドキしているあたしを見て 彼がくちびるをうばった

 

2000年3月頃作成


 オレの中で史上最悪の駄作。だからあえて公開!!オレがこんな歌詞を書くなんて 全く信じられない・・・・。でも、実際書きましたよ。これを書いた(つ〜か 書かされた)のには裏がありまして・・・
 この当時女性ボーカルに変更した事に伴ってバンドが路線変更、それまでの ノリからむしろ、「ヒステリックブルー」や「JUDY AND MARY」 みたいな感じになったんです。それもあって、オレが書いて持っていく曲が今までに増して 没になるようになりました。んで、2000年に入った頃からオレが妥協して、 この手の曲を書くようになったんです。あともう1つ裏話がありまして・・・(もう時効だよね) この当時、バンドのベースの奴と「ベタな〜感じ」だけど、音楽性の違いで しょっちゅうモメてまして〜コイツが当時付き合ってた彼女が 「JUDY AND MARY」好きで、こいつを納得させるには(↑)こんな曲を書くのが 手っ取り早かったんですよ。・・・ドラッグは知らんけど、やっぱり女関係で人ってもめたりするのかなぁ〜 シド・ビシャス万歳。
 で、この曲についてなんだけど、高校生くらいの初恋をイメージ(妄想)して 書いてます。「S’ee Through」って言うのは、人の心を読み取れる 能力のことです。女子高生らしくちょっとかわいい感じにしてみたんですけど・・・ どうですかね〜?
 この頃、バンドでやらずに没になった曲とバンドでやってた曲を見れば、 ホントどれがオッケーでどれが没かは一目瞭然・・・ですよ。ちなみに今やってる 「仁美・mine」では、この頃に没になったような曲をやるんだ!! ってのをコンセプトにやってます。ハイ。  
⇒詩集「漆黒の青空」目次へ