(題字 カゲキ・B・志茂田)

意味を知らないので


最近なんだか生きる意味がよく分からないのです
人に迷惑をかけてまで生きて一体どうするのですか
一人で生きるのならこんなことに悩まなくてもいいんですが
人に助けられて何とか生きているのでそうも行かないのです
同じ時を過ごした君が
一人前に恋をして 一人前に成長していると
自分だけ何だか置いてけぼりみたいで
焦ってしまうけど
だからってどうしようもなくて
イライラするんです

最近なんだか出会う意味がよく分からないのです
出会い・別れ すぐ会わなくなるのに一体どんな意味があるんですか
一人で生きるのならこんなことに悩まなくてもいいんですが
また寂しくなって誰かに話しに行くのでそうもいかないのです
逢わなくなった君が
一人前に変わって 一人前に話をしていると
久しぶりにあった時
自分が何をしていたのかと
焦ってしまうけど
だからってどうも出来なくて
イライラするんです

つい何か空に流れ星が見えて
それに運命を感じたりとか
出来るだけ考えないようにして
割り切っただけ大人だとか
そんな毎日に改めて不安になるんです

時間はどうしても過ぎていきます
あくせく働いても
ボーっとしていても
泣いていても
笑っていても
2人でいても
皆といても
一人でいても
怒っていても
悲しんでいても
喧嘩しても
遊んでいても
歩いていても
走っていても
座っていても
立っていても
寝ていても
起きていても
唄っていても
叫んでいても
あっという間に大人です
本当に今まで何をしてきたのですか

そんな時

同じ時を過ごした君が
一人前に恋をして 一人前に成長していると
自分だけ何だか置いてけぼりみたいで
焦ってしまうけど
だからってどうしようもなくて
イライラするんです

いつか今日の事を
笑い話でみんな楽しく話せる日が
いつか来ると信じているから
取り合えず今日と言う日を
生きてみるんです

意味を知らないままで

2003年5月頃作成


 最初に言っときます。コレ、野狐禅のパクリじゃないですからね。
 「〜です。〜ます。」調の曲を書きたくて作ったものなんですが、 コレが出来上がってからしばらくして、テレビで(多分HY HY HY) 野狐禅とか言うバンドが出てました。んで、よく似たノリの歌詞を歌ってるから、 「何てこった!!」となり、この曲は表舞台か姿を消していきました。 だから、ホントパクリじゃないですよ。野狐禅を知る前に書いたんですからね。
 さて、見苦しい言い訳はこの辺にして、この歌。テーマは、時間の経過です。 この時期「時間」と言うものをテーマにする事にこっていて、同時期に 「時間」をテーマとして「モラトリアムよ永遠ナレ」(脚本)や、「G」(マンガ) 、「扉」(マンガ)等を作っています。もう1つが、成人式で昔の友達とかに 会って、なんか「みんな成長してるなぁ〜」って思ったことが元ネタになってます。 あとこの時期には、コレまでの迷走から一時的だけど答えが出て吹っ切れた頃で、 歌詞の内容がオレの書いたものにしては、救いがあるような・・・無いような・・・ でも、ハッキリ言ってオレはこの頃の歌詞が嫌いです。だって、何を悟ったかのように ツラツラ言ってるんだよ!!って思ってしまいます。人生はこんなもんだって、 たいした経験も無く偉そうにいうんじゃない!!オレ!!ってことですよ。
 曲は、バンドでと言うかフォークギターで弾き語りする方がいいような感じの 曲調です。だから、一人で部屋で弾くときにはよくやるんですが、人前でこの曲を 披露したことは・・・多分まだありません。いつか、野狐禅みたいなバンドが 全ていなくなって、さらに時間が経ったら、日の目を当てたいと思います。だって 結構好きなんだもん。
⇒詩集「漆黒の青空」目次へ