(題字 カゲキ・B・志茂田)

僕とフビライハン


彼は帝国を作った
国号は・・・元元元元元元・・・
彼は民族を統一した
もちろん遊牧・・・民族民族民族・・・
僕はフビライハンじゃない
(絶対違う絶対違う絶対違う)
どうかフビライと言うな
(凹むから言うな頼むから言うな金やるから言うな)
それが僕とフビライハン

嗚呼 大モンゴル帝国万歳
嗚呼 大モンゴル帝国万歳


でも僕は日本人・・・
埼玉生まれの・・・日本人・・・・

2003年8月頃作成


 天沼優の「沼」に収録されている曲の中でオレが一番好きなのがこの 「僕とフビライハン」。この頃オレは病的なほどに「フビライハン」にはまっていて、 何かにつけて「お前フビライやわ〜」とか「そう言えばフビライハンは?」とか 呟いていました・・・変な人。(同時期に作った馬忠・DA・ムドーの「ボッタクリすし屋」と言う歌も 「フビラ〜イハン」と繰り返すだけ)だから、この歌詞は一切悩む余地もなく、一瞬で 出来ました。曲と歌詞が同時にでき、ほぼ即興で曲が出来る事がたまにあるんですが、 まさに、この曲がそれ。
 曲自体も、かなりかっこいい名曲で正直「沼」にはカッコよすぎる!!いずれ 馬忠のゴミクソ音楽として、復活させたいと思ってます。
⇒詩集「漆黒の青空」目次へ