高校一年生 (15)〜黒崎くん〜

 こんな出来事があった。

 いつもと同じように、夏休みのさ中、汗だくになりながら体育館で文化祭の劇、「すてふぁにー」の練習をしている 演劇部の面々。もうすでに、本読みや流れの確認、演出作業も滞りなく終了し、現在では、 本番と同じ流れで劇自体を通して練習するいわゆる通し稽古の段階になっていた。 こうなってしまっては、例えチョイ役であったとしても、役者として出ている以上サボってしまえば その日一日の通し稽古(特に出演部分)が無駄になってしまう理由から局長もセコセコと皆勤で参加していた。
 ただ、局長の出番は序盤と終盤の少しだけ。それ以外は、舞台袖で出番を待っていなくてはいけない。 狭い空間で、部員の皆と一緒に居る事に辟易していた局長は、この日、こっそり舞台袖を抜け出して スポットライトの確認をしているタクヤの所へ遊びに行った。とは言え、同じフロアでの事。 劇の流れは見ていられるので、自分の出番の少し前に戻ればいい。その位、局長は簡単に考えていた。 もちろん、その間タクヤの照明の確認がおろそかになると言う事については頭の中にはなかった。 自己中心的な男だから。
 丁度、確認作業に飽きてきていたタクヤは、局長を迎え入れ、2人でダラダラと話し込んでいた。
 「高津君!!何してんの!?」
 不意に、守山の大きな声が体育館に響いた。
 ビックリした局長は、ステージに目をやった。劇が止まっている。 どうやら、タクヤとの会話に夢中になって、自分の出番に気が付かなかったようだ。 本人がいる以上は代役など存在せず、局長がいなくなる事は劇を止めると言うことと同じ意味だった。
 「あ・・・すんません・・・」
 ペコペコと頭を下げながら、局長は小走りに舞台袖まで走っていった。
「すんません・・・気が付かなくて・・・」
「気が付かなかったじゃなくてさ・・・役者なんだから、ズッとココに居てよ。 チョッと目を話したら居なくなってるとか困るわ。やる気無いのは良いとしても、 迷惑かけるのはどうかと思う。」
暑さでイライラしていた事も相まっていたのかもだろう。守山はいつもよりもキツい言葉を局長に投げかけた。
 それに対して一番ビックリしたのは局長だった。 局長が自分に対して唯一優しく接してくれていた(と思っている)守山に、 キツイ言葉をかけられた事は守山の想像以上に局長にとってショックだった。
 それがどのくらいのショックかと言うと、 それから暫く局長が演劇部の練習に参加しなくなってしまう位。
 と言っても、別に守山の言葉は何にも間違っては居ないのだけれども・・・
 「じゃあ、続きからやろう。」
福森が、場の空気を変えようと無理からに明るくそう言った。
 けれども、なかなか思うように空気は戻らず、何だかギスギスしたままその日の練習は終了した。
 そして、それから暫く局長は本当に演劇部の練習に参加しなくなってしまった。
 やる気が無いどころか、練習態度も最悪。その上チョッと怒ればふて腐れて練習に来なくなる。 そんな最悪の部員と言う烙印が嫌がおうにも局長に押し付けられたのは言うまでも無い。
 「もうどうなっても良いや・・・」
キッと、そんな事を考えていたのだろう。信じられない位打たれ弱い男だった。

 数日後。
 その日、犬小屋に「パズー」メンバーが集合。今年の文化祭への出演の有無についての話し合いが行われた。
 さすがに、自分ちの離れに集合と言う事になっている以上不参加を決め込む事など出来るはずも無く、 局長もしぶしぶ参加した。演劇部の練習に顔を出さないで迷惑ばっかりかけている局長に対して、タクヤもウルオもムラヤンも特に何を言う訳でもなく普段通りに接した。それは、彼らなりの優しさだったのだが、 そんな事に気が付ける局長ではなく、 「何だ。皆ちょろいもんだな。」とすら思う始末だった。
 出演については、9割方決定していた。大体、ライブなんて出演料だけでも結構なお金が必要な事を考慮すれば、 「ただで出来るライブ」と言うだけでも、十分に参加する価値がある。そこで、参加を見合わせるようでは、 結局何のためにバンドを組んでいるのか・・・と言う根本的な話になってくる。
 ただ問題はひとつ。今回は、高校の文化祭でのバンド演奏なので、校外の人間は当然ステージに上がる事など出来ない。 別の学校に行っているギターの敬司が参加できないのだ。ギター無しでやる事も検討されたが、文化祭のライブにおいては 頑なににオリジナル曲ではなくコピー曲を押していたタクヤにとって、ギター無しのコピーなど不可能に近かった。 そうなると、局長の言うオリジナル曲をやる方向に皆が向かってしまう。 タクヤにとっては、それは何としても避けたい話。
 苦肉の策でタクヤが考え出したのは、別のギタリストを連れて来ることだった。
 連れて来たのは、同じ学校に通っている1年上の従兄弟でギターも弾いている「黒崎 雅之」。しかも、今日、タクヤはその黒崎同伴で来ていた。
 「敬司が無理やから、敬司より10000000倍はギターがうまい人連れてきたぞ。一緒にやってくれるって。オレの従兄弟の黒崎 雅之君や。」
 タクヤの簡単な紹介に続いて
 「あ・・・え〜と・・・ども。黒崎です。マァ、オレもギターとか下手くそなんだけど、折角タクヤに誘われたんだし、頑張ってみるよ。」
黒崎もさわやかに自己紹介をした。
「ど〜も〜栗山ウルオで〜す。ウルオって呼んでね。」
「こんにちは。ムラヤンとお呼び下さい。黒崎王子。」
「あ・・・ども・・・よろしくお願いします。」
人見知りな局長だけが、何だか乗り切らないままだった。
 タクヤの思惑は想像以上に成功し、人見知りで知らない人の前では自分の意見など言えるはずも無い局長を差し置いて、 文化祭では、人気バンド「グレイル」の曲をコピーする事に決まった。・・・でこの日は解散。
 帰りがけ、ウルオが
「そう言えば、僕と同じクラスで、演劇部にも黒崎さんって子が居るんですよ。」
と、黒崎に話しかけた。
「え?加奈のこと?」
タクヤが間に割り込む。
「そうそう。実は、雅之君、黒崎さんと苗字一緒なだけじゃなくて付き合ってんで。」
「うそ・・・」
「まぢですか?」
「あ・・・うん。加奈が入学してきてすぐ位かな・・・加奈とは、中学校も同じだったし。」
 黒崎の答えに、何だか変な空気になったままのお開きになった。
2009年6月22日 完成