月別アーカイブ: 2009年3月

2009年3月29日 10:34 CAT :

夜開く夢の慕情

日々続くただひたすらの悲しみは、一見して関係ないようで、一繋ぎの連鎖である。

ただ悲しいから悲しいのではなく、昨日から繋がって悲しいのだ。

・・・多分ね。

ひとときに思い耽れば、「明日は良い日」と言う言葉の真意は、「今日を良い日に出来なければ、明日の良い日など来やしない」と言う逆説的な戒めであるようにすら感じてしまう。

「悲しみ」と言う言葉が好き。

何が良いのか分からない。

けれども、オレは原因の分からない好きこそ、本質的な好きだと思っている訳で、とどのつまり、本当に「悲しみ」と言う言葉が好きなのだと思う。

よく考える。

悲しみについて、よく考える。

なぜ悲しいのか。

聞えの良い一般論で語るのなら、それはキッと笑うため。

ただし、そんな話は便所のドブネズミもゲロ吐くようなドス黒い気分になると言う前提は置いておいて・・・本来悲しみは、ただ悲しみであると思う。

独立した一つの感情である悲しみが、人格を持ち歩き出すと言う曲を書いた事がある。

「悲しみを具現化出来る世界」と言うヤツだ。

誰からも嫌われ、本当は一緒になど居たくもないと忌み嫌われた結果、単独でいつまでも続く感情となったであろう悲しみにひどく心持ちを揺さぶられる。

泣けばスッキリする。

そしたら、多分笑える。

それでも、交わる事の出来ないまま隅においやられ、次の連鎖へと繋がるだけの悲しみをいつまでも持ち続けていきたいと今更になって強く思う。

昔読んだ昔話に「貧乏神と福の神」と言うのがあったな。

きっと同じ事だ。

「貧乏神と福の神」については、興味あれば読むよろし。

心晴れやかになるステキ昔話なので・・・

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月28日 10:35 CAT :

湯悦の羅列のミエルリマイツ

ナルシストな話をします。

↓↓↓↓↓↓↓
暇な時(最近はもっぱら無くなってしまったけれども・・・)にギター片手に弾き語りでもしてみれば、不思議な感覚になる事がある。

簡単に言えば、オレの作った歌なのに、元から存在していた歌のような感覚。

ホントにオレの頭から出て来た歌なのか・・・と懐疑的になる感覚。

に読み変えてもよし。

それが顕著なのが「タンタン」「レイ=プレイⅡ」「悲しみを具現化出来る世界」「果て.1」「ひとときの暗がり」「白い世界」「子守られの唄」「アイエルマ」辺り・・・
逆にオレが作ったっぽいよな~と思うのが「スクエア」「ふーふー」「夢喰いバクヲ」「マイクの部屋」「Don´t永眠ファラオ」「中央線悲劇閲覧センター」「カニバリズム・マゾヒスト」「イカサマサイコロ・ダイスマン」とか、あと馬忠の全楽曲だな。

ん。

マァどうでもいいか。

そんだけだい。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月27日 22:43 CAT :

いたたまれなくて泣いてしまう

「夢を覗き見れば、夢は夢でなくなる」と言う仮定を検証してみよう。

まず、この場合の夢が、寝てる時に見る夢だと言う大前提を提示する。

将来の夢とかとは違うって事だ。

覗き見ると言う事は、意図して見ると言う事。

冷静に考えて、夢は意図的に見るものではなく、偶発的に見せられるものであるから、冒頭の「夢を覗き見れば、夢は夢でなくなる」と言う仮定が成り立つ。

だだしそれで終われないのは、実は夢を作り出しているのが、自身の脳であると言う点だと思う。

では、夢を作り出すためのソースは一体なんなのか?言ってみれば、脳内にあるイメージや過去の体験、理想・妄想だ。

そう言う意味では、夢は、見せられているはずなのに、自分で見せている事になる。

自分で見せているものを見せられていると言うこの不思議な感覚こそが、夢の醍醐味である事は余地のない話だ。

覗き見れば、それはもう夢ではなくなるが、それを見せているのもまた、自分自身であると言う究極の自己完結型の妄想。

それが夢だ。

今夜も夢を見る。

頭で妄想する。

自己完結の面白さを検証する結果となってしまった。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月25日 22:47 CAT :

グレイテスト陰毛ハーブティー

嫁にチョッとだけスゴいものをプレゼントしようと思ってる。

誕生日はもう随分前に終わってしまったけれども、誕生日には、仕事でてんやわんや・・・納得出来る形で何にもしてやれなかったんで、それも含めて、色々考えてる。

とは言えども、毎日仕事から帰ってきたらフニャモロビンなもんで、なかなか捗らない・・・でも何とかかんとか完成した模様ですよ。

で、いつも出来てから渡すまでがドキドキなんだよな。

中2の乙女のようです。

ヒゲはもっさり生えてはおりますが・・・

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月21日 22:17 CAT :

流れ行く景色に写し見る情景

どうも~営業のロープレ中に「直した方がいいとこあります?」って聞いたら、「顔が汚いから整形するべきやね。」と言われた、志茂田さんです。

無茶ぶりにも程があるわ!!
そう言えば、先日産まれて初めて「こち亀の両さんに似てるね」って言われたのを思い出した。

何か、もう少し何かあったのでは・・・とか思うのは、オレがナルシスティックなんでしょうか?こうなったら、本格的に眉毛をつなげてやろうか。

って言うかその前に、「こち亀の両さん」・・・似てるのか?そして、それって十中八九誉め言葉じゃないよな・・・一体オレは他人にどんな感じに写ってるんだろ?
さてさて・・・
1日が長かった期間は、終わりを告げ、何とも1日が早く過ぎるようになってしまった・・・少しは、仕事とか職場に慣れてきたのか、頭の中に入る量が著しく減ったのか、良く分からんけど、とにかく1日が早い。

気が付けば、一週間などアッと言う間に過ぎ去っている。

つまりオレが言いたいのは、仕事初めてから、セックスどころか疲れきってオナニーさえもしなくなったって事だ。

しかも、それでいて欲情もしない。

嫁によく「疲れてる事と性欲は関係ないわ。」とか言ってたのに・・・オレがこの様とは・・・
セックスレスに怯える日々ですな。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月19日 21:37 CAT :

涙腺おっさんパラダイッソ

嬉し泣きなんて産まれてこの方した記憶がない。

産まれて初めての嬉し泣き。

・・・だったかどうかは、定かではないけれども。

とにかく、記憶にはない。

何しか、世の中は辛い事ばかりじぁあ無いんだ。

とか、柄にもなく思ってしまった。

新しい環境になってから、大変な事ばっかり。

必死になる事で、辛い事や嫌な事とか全部押さえ込んでた。

そんな中で、不意にタガが外れてしまったもんだから、ウルウルとなる。

ただ、それは嬉しい方向でだった。

たまたま聴いてた「ロコ!!思うままに」のせいで、もう一度思い出し泣きになってしまった。

倒れたとしても、やりきれなくても、良い事しかないそうですよ。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月18日 10:33 CAT :

加齢臭地獄へ突入

嫁の好きなモクレンを庭に植える。

そうしてもう少ししたら、キッと庭はモクレンの花びらでいっぱいになる。

雨が降る前に、その花びらの上でゴロゴロすれば、オレの匂いも嫁の大好きなモクレンになれるだろうかね?

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月17日 10:25 CAT :

絶望の末筆を断罪する時間

最近、行き帰りの電車の中でブログ書いてた。

もちろん携帯から。

今日久々に見直してみたら、文章変なの。

変と言うか、文章として単純におかしい。

携帯だと、長い文章は書けないみたい。

オレの場合は。

古い人間ですので。

一番好きなのは手書きですので。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月15日 22:49 CAT :

群れ殺しのラプソディー

オグロヌーは、群れる事で強くなる。

その点で日本人と同じだ。

でも、オグロヌーは実は単体でも結構強い。

ただ、平和主義なだけだ。

日本人は、単体になった時、果たして強いのかどうか・・・
そんな話。

さてさて・・・今オレがやってる仕事って言うなれば「営業」だ。

前回半身不随で断念した営業にリベンジをかましてる最中です。

・・・が!!今になって思う。

営業って出る前に、こんなに覚える事あったっけ・・・???と。

3年前は若さにかまけてサクッと頭に入ったのか、今の会社が色々厳しいのか。

何か知らんけど、営業トークが難しい。

一応これでも演劇してたんですよ・・・と言いたくなる程「演技が出来てない」と言われる。

「トークを覚えてない」と言われる。

それどころか「アドリブ利かない」とさえ言われる。

2時間越える演劇の役者やってたし、アドリブに皆ついていけないからアドリブを押さえろとも言われてたオレが・・・何て様だ・・・畜生・・・
2年以上のパソコン仕事は、ココまで人間をうんこちんちんにしてしまうものなのか・・・勘を取り戻すのにいつまでかかるのやら・・・そう考えると泣けてくる。

マァ元々偉そうに言える程役者の才能は持ち合わせてなかったけど、アドリブは自信あったんだけどな~
それ以前に、前の営業はそこそこ出来てたよな・・・?そこさえ不安になってくる毎日です。

でもマァ、せっかくだから、ウヌボガルデスミスな感じに頑張ろうと思う。

オレのココでも仕事に、嫁との結婚生活の全てがかかってるんだ。

そう言う風に思うと、尿がだだ漏れになる程やる気にはなってくるわけだし。

と言うか毎日が長い・・・オレはまだ入社して、一週間と少しだ。

まだそれだけしか経ってない。

嘘みたい。

もう、数ヵ月は仕事してるみたい。

今になってのこの感覚は、スゴい貴重な経験だ。

ある意味大事にしよう。

ただ、今は疲れた・・・
脳のシワはきっと増えてるだろうな。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月15日 10:27 CAT :

ミラ・ジョボビッチレイプ全集

昨日で一週間が過ぎた。

仕事に行き出して。

(正確には休みがあったから、5日だけれども・・・)毎日電車で通ってる。

さすがに、一週間もすれば、チョッと慣れてくるもので、あまつさえ電車通勤心地好しだ。

まず眠れる。

そして、覚えないといけない事の復習もできる。

さらには、やり忘れた仕事を急いで片付ける事だって出来る。

会社に向かいながら、さらに何かが出来るなんて、こんな目に見えて良い感じの一石二鳥がこの世にあるだろうか?
ただひとつ困ったちゃんなのは、田舎だから圧倒的に本数が少ないって事。

一本乗り遅れたら次は1時間後だ。

そうなった時の、待ってる1時間・・・コイツがなぁ~
マァこの世の中に全てが完璧な事など何もないと言う実に良い教訓だよ。

ワトソン君。

221Bに住んでいます。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月14日 23:26 CAT :

拝啓 腐れマンコマンへ

「非婚同盟」。

そんな昼ドラ見てます。

仕事行ってる関係上、リアルタイムで見ることは出来ないので、録画で見てます。

製作は「冬の輪舞」や「真珠夫人」の東海テレビ。

東海テレビと言えば、ドロドロの愛憎劇が専門の変態テレビ局な訳で、望み通りなドロドロが展開されて・・・ました。

愛し合ったらすぐ相手が死んだり、恋人や子どもを奪い合あったり・・・
ただひとつ。

この物語のテーマでもある「非婚」ってどうよ・・・?節々に「男は女をもの扱いしてる」とか「結婚制度は女を隷属させるためのものだ」とか「女は一人で経済的に自立して生きるべきだ」とか「女は結婚しても幸せになれない」とか出てくる。

何か、その度にイラッと来るのは、オレが男で、少なからず男尊女卑な考えを持ってるとかそんな理由からだろうか?
物語中では、それでも「女の幸せを施行する権利は有する」とか言う理由で「テテナシ子」を作りまくってる。

女の権利か何か知らんけれども、そのエゴを押し付けられてる子どもよ・・・「非婚」でも何でもすれば良いけど、するのであれば、自分で完結するべきだ・・・と思ったりする訳です。

で、物語とは離れるけれども、そもそも女の幸せって何だ?
果たして、結婚すれば女は自分の自由を失うのか?もの扱いされるのか?隷属させられるのか?と言う問題になると思う。

そもそも男女には、決定的な差がある。

体力的にも、思考的にも・・・その上で、家事をして、家を守ることと外へ出て仕事をすると言うことに果たして差があるのか・・・そこに差を感じるのなら、それは、ただ異性に対しての何かしらの感情があるだけでしかない。

例えば、家で飯作って、家事させられる事を隷属と言うのなら、それ自体が男尊女卑に毒された頭でしかないと思う。

大体オレは男だから、そんなもの分かるわけがないけれども・・・それでも、「女の幸せ」が一人で「テテナシ子」を量産する事ではない位は分かる。

子どもなど欲しいと思う権利などない。

自分の権利の主張しかしないのであれば、そんな粋がった女は全員中国人だ。

何かこんな話が作られた背景には、どうしたってそう言う粋がった女の存在が見え隠れしてる気がしてならない。

あえて言う。

女なんか、ただマンコのある人間であってそれ以上でもそれ以下でもない。

女だからと言う理由で粋がるのなら、男尊女卑も当たり前。

体力的に弱い女を男は手加減して相手にしてるんだから。

そうじゃないって言うのなら、今度から本気で叩きのめしてやる。

そん時にもちろん「女の子に何て事するの?!」的な反論は一切認めない。

粋がるならそこまで覚悟するべきだと、オレは思う。

そう言うわけで、「非婚同盟」の皆さんがコレからボロクソになれば良いと言う希望をもってドラマを見続けてます。

大和撫子が大好きです。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月11日 21:51 CAT :

マンコレーションの高い職業の話

最近って、女の車掌さん・・・増えたよな~
アレってかなりエロい気がするのは、オレだけか?「思わずお触りしてしまいたい度」では、OLや女子高生よりはるか上、ゴスロリパンク(デブは除く)とトップタイの23475マンコレーションくらいはあると思う。

スッチーみたいな呼び方さえあれば、AVとして発売されるだろう。

と言うか、それも時間の問題だ。

出来れば、イレブンネクストからの発売を望む。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月11日 21:41 CAT :

字はあってんのか?

前に座ってるお姉ちゃんのパンツが見えそうで見えない。

こうなると、どうしたってそこにばっかり目がいってしまう新人サラリーマンです。

さてさて・・・そんな電車の中で、今日は「子守られの唄」を聞いてた。

で、思い出した。

マァ・・・つまりは・・・こんな事言うのもアレだけど・・・
サビの部分の「火入れぬ竃のくもの巣かきて」は、山上憶良の貧窮問答歌の丸々パクりです。

もう50年以上昔の歌なので、著作権も無いだろうと言う軽い気持ちでやってしまった事を深くお詫びなどしません。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月9日 13:47 CAT :

タイムマシーンを作った男

毎日が鬼のように長い・・・何か一週間前の事が、一ヶ月前の事のようだ。

皆が、一週間前だと思ってる事をオレは一ヶ月前だと思ってる。

ただマァ、それは同時に一日の密度が尋常じゃなく濃いって事だから、それはそれで良いのかも知れない。

何しか、新しい職場・・・慣れるまでは大変ですな~・・・

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月7日 10:42 CAT :

随筆を記してみよう

電車通勤になってしまった。

しばらくの間ではあるけれども・・・
コレまで基本的に車でばかり移動してた。

車屋のおっちゃんに「凄い走ってるな~」とメンテナンスの度に言われる。

俗に言う車族かも知れない。

そんな言葉、聞いた事もないのは、置いといて。

さても、そんなオレが電車通勤。

マァ、色々不便も多かろう・・・と思う。

と言うか、実際に多い。

けれども、そこはそれ。

愚痴ってても、せんない事なので、ここはひとつ電車通勤の良い所でも探せば良いと思う。

こう言うのを脳内革命と言うらしい。

10年以上前の本だな。

うんうん。

で、電車通勤だ。

取り合えず、行き帰りに寝てても勝手に連れていってくれる。

もちろんその間に本でも読んでれば、自己啓発だって出来てしまう計算になる。

あと、同じノリで気乗りしなくても無理くり目的地まで強制的に運んでくれる。

乗ってしまえば、腹をくくるしかなくなる。

これが実はオレにっては大きい・・・と思う。

特に、まだ職場に慣れてない間は・・・人見知りも極まりですので。

あと、色んな景色とか見れるよな。

車だと、道とか信号とかばっかり見てしまう。

それが、何とマァ景色を見てられる。

となれば、また色々ネタが浮かんできて、マンガ描いたり、曲書いたりしたくなるんだ。

それが良い事か悪い事かは置いといて・・・
あとは・・・だあああああああああ~
何かあるかも知れんけど、分からん分からん。

何が脳内革命だ。

馬鹿じゃね~の。

プラス思考で人生変わるか。

こちとら、生まれてこの方ズッとネガティブホロウと同居しとるわい。

やっぱり不便だ。

この野郎。

ふて寝してやる。

あと10分で着くのにふて寝してやる。

ふはははははははははははは。

・・・・
何か、今になって前に座ってる女にガン見去れてる事に気が付いた・・・どっちにしても、気まずいので寝たふりします。

おやすみなさい。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月6日 23:29 CAT :

ある意味ご報告がてらに…

はい。

と言う訳でですね・・・今日から何とマァ、新しい職場。

初出勤だ。

今日は、雇用契約とか交わしただけで、明日から本格的に研修が始まるとの事だけれども・・・何とかかんとか・・・仕事決まりました。

働きます。

お金稼ぎます。

頑張ります。

・・・多分。

長く粘ったお陰(?)か、雇用条件はなかなか良い感じ。

このご時世を考えれば文句など無いに決まってる。

後は、職場の感じと、仕事内容だな。

そこの所は、まだ未知数だけれども・・・そんなもの神に祈るしかない。

うんうん。

詳しい近況は、またその内・・・と言う事で。

それよりも・・・
「ケラが結婚だとおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」
ビックリしたよ。

ニュースの文字で「ケラ」ってあったけど、それがまさか「ケラリーノ・サンドロビッチ」だとは普通思わないって。

まさかケラだったりして・・・と見てみると、ケラだった訳ですな。

おめでとうございます。

いや、ほんとビックリだっつ~の。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月2日 21:22 CAT :

採掘現場より生・マラ・マナ・マメ中継

新しい絵柄でマンガを描いてみたい・・・そんな試みをしてる。

色々落書きを書くのが好き。

で、その落書きな絵柄でマンガを描けないかと・・・そんな事を考えてみたんですよ。

発端は、ネームで適当に描き殴った絵が何とも良い味を出してる事に気が付いた事に始まります。

一生懸命時間をかけて、丁寧に書き込んだって1分で適当に描いた絵の方が、味がある。

だったら、ネームとかでやってる絵柄で、ちゃんとした作品は作れないものかと・・・
昔描いた絵だけれども・・・こんなノリの絵柄ですよね(↓)
多い日も安心
コレが物凄く難しい・・・
正直、同じ絵なんか二度と描けない訳で、その段階でマンガとして成立しない。

むむむ・・・
取り合えず、1本描ききってみる。

タイトルは、「口頭無形」。

実は、描き方でも新しい試みをしてる。

コレまでは、簡単なマンガ(ココで言うネーム)をまず描いてから、原稿用紙に書いてたんだけれども、演劇の脚本形式の方が、何か物語り作りがやりやすい様な気がしたもんで、今回は、まず演劇の脚本を書いて、それをコマ割りに振って、ネームを作ってみてる。

こうすれば、会話だけですでに物語が成り立ってる訳だから、演出によってクオリティーが上がるだけなのでは・・・と、簡単に物事を考えている次第です。

むむむ・・・
何しか、面白い物を作るって難しいなぁ~。

その脚本のタイトルは「口頭無形」です。

この記事を見てみる  ⇒
2009年3月1日 23:10 CAT :

伊香保温泉殺人事件

エグザイルが14人グループになるそうで・・・このまま「モーニング娘。」化していくんだろうか・・・第何期生とか、卒業とか・・・?迷走の始まりだ。

ガリガリガリクソン曰く「エグザイルのファンは皆パッパラパー」だそうです。

今日1日かけて、馬忠・DA・ムドーのアルバムの全レコーディングが終了した。

(それに頑張りすぎて、嫁からの「仕事早く終わったから晩ご飯食べに行く?」の連絡を見逃してしまったけど・・・無念。

・・・)今回の作品は、前作より若干曲数が減って25~27曲入りになりそう。

ボーナストラックのボーナストラックのボーナストラックまである。

相変わらず変な事もいっぱいやってみた。

自信作は「伊香保温泉殺人事件」とか、「宇宙の真理」「閉ざされたNASAの真実」「モンゴリアンデスワームの戦慄き」「最後に生き残ったエレメントゥワカの雄叫び」などなど・・・テーマは前から言ってた「UFO・UMA」だよ。

ただマァ・・・「良さ恋祭り」と比べてどうなんだろ・・・
取り合えず完成したものを聞いてからだな。

マスタリングの作業は、オレの感知せぬ所。

完成を待つのみでございます。

また色んな人に配り歩こう。

そうしよう。

この記事を見てみる  ⇒